1年で一番株主優待が届く時期

スポンサードリンク

スポンサードリンク

3月末権利確定の銘柄の株主優待が届きはじめています。

3月末権利確定銘柄の多くは6月末頃に株主総会が開かれて、

その後に、優待が届くことが多いです。

銘柄によっては株主総会の通知と同時に届く場合や株主総会は別に

送られる場合もあります。

最近もいろいろな優待が届きました。

イオンモールの株主優待です。

100株保有で年に1回、イオンで使用できる3000円分のギフトカードがもらえます。

こちらは3月権利確定でなく2月権利確定銘柄です。

他の銘柄に比べ、送付されるのが遅めです。

つなぎ売りでゲットしましたが、現物保有もしていいなと思っていた銘柄です。

最近株価も上がってしまったので、現物買いは様子見です。

次はJPXの株主優待です。

東証などの取引所を運営しているだけあって、

株主還元には積極的です。配当も多いです。

100株保有でQUOカード3000円分が送付されますが、ルールが改正されて、

長期保有の人にしか、3000円以上がもらえなくなります。

逆に長期保有の人には4000円分のQUOカードが送付されます。

これはつなぎ売りなどの一時的な株主には多くは出さないということかなと思います。

最近、半年以上とか1年以上の株主のみに優待を進呈するといった制限をつける銘柄が増えています。

2018年3月末の権利確定で3000円分をもらうには、2017年の9月末にも株主としてカウントされる必要があります。

継続保有が前提です。

スポンサードリンク




次は日本管財の株主優待です。

ここは、100株保有でカタログギフト2000円分ですが、年に2回送付されることがうれしいです。

選択肢は多く、惣菜、麺類、スイーツ、食品以外もあります。

ファンケルの株主優待です。

100株保有で年に1回、ファンケルの商品、化粧品や健康食などが選べます。

3000円相当です。

配当金も多くだしており、株主還元に積極的と思います。

スポンサードリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする