株主優待改悪にともないアスラポート・ダイニングを売却

スポンサードリンク

スポンサードリンク

先週、アスラポート・ダイニングが株主優待の改悪を行いました。

実施時期を年に2回から1回に変更となりますので、優待が半減します。

一方で配当を実施するということです。

会社発表 → リンク

アスラポートの優待変更前後の利回り検討(500株保有の場合)

株価:459(8/10終値)

変更前:優待 3000円×2回(2.6%)、配当 なし     総合利回り2.6%

変更後:優待 3000円×1回(1.3%)、配当 4円(0.9%)  総合利回り2.2%

自分の場合は500株保有だったので、利回りは低下します。

大株主の人にとってはよい変更となりました。

今後の保有方針は迷いましたが、もともと収益性も高くないし、

優待の更なる改悪のリスクも考慮して、利益がまだのっているうちに、本日売却しました。

株主優待は他の銘柄でもそうですが、変更リスクがあることを意識して投資する必要があります。

①購入単価 @440 500株、売却単価 @448 500株

②購入単価 @285 500株、売却単価 @448 500株

税引き後で7万円弱の利益確定

スポンサードリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする