ふるさと納税に朗報?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

今年の4月、総務省からふるさと納税の返礼割合の上限を30%にするように通達がでました。

この通達によって、寄付に対する返礼品の割合を下げた自治体も多かったと思います。

ですが・・・・

朗報です。

産経ニュース記事が出ました。→リンク

記事の中では

野田聖子総務相は4日、産経新聞のインタビューに応じ、ふるさと納税の返礼品の選択を自治体の裁量に任せ、来年度は返礼品に関する通知を出さない方向で検討する方針を明らかにした。

この方針が新しい政府の方針となれば、返礼品を少なくしていた自治体も

以前のように戻す可能性も出てきました。

4月の総務省の指導で、返礼品のために、設備投資した会社はこれからが心配といった

ニュースをTVで見ましたが、そういった会社にも朗報です。

個人で寄付したきた人にとってはかなりウエルカムですね。

大臣が変わるたびに、このような方針転換は自治体も困惑してしまいますので、

今後、国は自治体にまかせてほしいものです。

今年の寄付は終了しましたので、年明けに再スタートします!

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする