不動産投資は難しいと思った。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

先日、TVでシェアハウスのサブリースで事業拡大を続けた会社が

シェアハウスのオーナーに賃料の支払が停止される事態になった

ことが放送されていました。

オーナーは1億円の融資を受けて、シェアハウスを建てて、30年間の

賃料保証をうけることができるはずだった。

月額125万円の賃料が入り、月額100万円の返済をすることで、

毎月25万円の利益が入る。年間にすると300万円の収入になる。

最初は順調だったようですが、途中でいきなり、賃料が100万円に減額され、

最終的には賃料が全く入らなくなったようです。

結果論になるかもしれませんが、大きく借金をして、投資をすることは

リスクを伴います。自分の場合はもし1億円借りることができたとしても

ビビッて投資できないかなと思います。契約する会社が仮に上場している会社

(今回のケースは未上場会社)であったとしても、倒産してしまったら

契約保証も期待できないし、リスクが多き過ぎるなと思ってしまいます。

自分の場合は、現物の株式投資が一番あっています。現物投資であれば、

倒産しなければ、含み損があったとしても、将来、株価は戻る可能性が

あるし、長い目でできるので、ひやひやすることも少ないかなと。

分散投資しやすいことも株式投資のメリットです。

投資金額を増やしていき、うまく銘柄選定すれば、2-3%の利回りも可能

なので、複利効果がうまれて、不労収入も増やすことができます。

現在の不労所得は100万円まではいっていないですが、こつこつ投資して、

年間支出くらいまでにもっていくことが目標です。

※当サイトは個人的な見解であり、株式投資については、自己責任の元、

ご自身で判断されるようにお願いいたします。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする