SBI証券のクロス取引・・・在庫復活した銘柄をクロス

スポンサードリンク

スポンサードリンク

SBI証券は一般信用短期売りが15日前からできるため、

先週から株主優待目当てのクロス取引はスタートしています。

ただし、早くからクロス取引をすると、株主優待をゲットしやすく

なりますが、その分貸株料(SBI証券の場合3.9%)が長い日数

かかるため、手数料が多くなります。

例えば、SBI証券で100万円分の一般信用売りをした場合の

1日あたりの貸株料は、

1,000,000×(3.9÷100)÷365=約107円

ざっくり考えると、100万円分の一般信用売りをすると、

1日あたり約100円程度かかると考えればよいと思います。

そのほか、売買の手数料もかかります。

優待利回りが低い銘柄は在庫があるからと言って、早くクロス取引を

すると、厳しくなります。

在庫の様子は先週からチェックしていましたが、在庫がなかった銘柄が

復活していたものがあったので、クロス取引の予約をしました。

・タチエス 100株  QUOカード2000円相当

・JSP 100株 QUOカード 3000円相当

・松屋フーズ 100株 食事券 10枚

これらの銘柄は比較的優待利回りが高い銘柄のため、

早めにクロスしても、お得と思いクロスの予約をしました。

松屋フーズは株主優待をもらったことがないので楽しみです。

3月は銘柄抱負のため、随時チェックしたいと思います。

↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする