新生銀行の提携ATMの出金手数料一部有料化に伴う対策はこうします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

新生銀行が提携ATMの出金手数料を今後一部有料化することを発表しました。

新生銀行が提携先ATMの出金手数料を有料化へ

有料化はスタンダードプランのみなので、ゴールドプランであれば、これまでどおり無料で出金することができます。条件は次のようなものがあります・・・

  1. 預け入れ総資産の月間平均残高が200万円以上
  2. 外貨預金などの所定の商品の月間平均残高が30万円以上
  3. 新生パワートラスト(金銭信託)の20日時点の残高合計が100万円以上
  4. 円普通預金・パワー預金・2週間満期預金の月間平均残高の合計が100万円以上

そのほか・・・ 詳細はこちら

新生銀行はメインの口座ではないので、上記条件を満たすのはいろいろ手間がかかります。よって、今後は生活用のお金を引き出す銀行をソニー銀行に切り替えることにしました。

ソニー銀行は4つランクがありますが、ステージなし、シルバー、ゴールド、プラチナ

詳細はこちら

ソニー銀行であれば、ステージなしの場合でもセブン、イオン銀行では何回でもATM利用手数料が無料で、提携ATMでも月4回まで無料となります。(そんなにお金降ろさないけど)

ちなみにソニー銀行であれば、現在の自分のランクはシルバーになります。

まだ1回もこの銀行のキャッシュカードを使ったことはないのですが、今度試しに使ってみたいと思います。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする