仮想通貨関連で特損を発表したGMOインターネットを一部売却

スポンサードリンク

スポンサードリンク

GMOインターネットが仮想通貨のマイニング装置の開発、製造、販売を中止して、特損として355億円計上することを発表しました。ただし、子会社の保有株式を売却することで、株主資本は増加する対策をとるようです。相場環境も悪いなか、発表前にかなり下げていたこともあり、本日の株価は上昇しました。

今回の発表をうけて、保有株の一部200株を売却。@1270円

1日の値動きの中では安値付近で売却となってしまいました。平均買値より若干低い値での売却となります。

株主優待は継続して受けたいので、現物保有は継続します。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする