モリトの株主優待廃止について考える

スポンサードリンク

スポンサードリンク

モリトの株主優待廃止が先週発表されました。

モリトは100株保有していると、年に2回、QUOカード1000円分を送付していたので、

株主優待目的で100株のみ保有の株主の人は売却する人もいると思います。

優待改悪のリスクはつきものですが、今回の場合、あわせて、株主還元策として、

連結配当性向の向上(30%⇒50%)、増配も発表しています。

変更前後で株主の還元がどのようになったのでしょう?

変更前

平成28年11月期 100株の場合の株主還元額は①配当1,700円 ②QUOカード1,000円×2(2,000円)

合計は3,700円

平成28年11月期 200株の場合の株主還元額は①配当3,400円 ②QUOカード1,000円×2(2,000円)

合計は5,400円

変更後

平成29年11月期 100株の場合の株主還元額は①配当2,800円(予想) ②株主優待なし

合計は2,800円

平成29年11月期 200株の場合の株主還元額は①配当5,600円(予想) ②株主優待なし

合計は5,600円

結果としては、自分も含めて100株保有の株主は900円の減額となりますが、

200株以上持っている株主は還元額が多くなります。

200株以上の株主にとってはよい変更となったようです。

自分としては改悪なので、売却しようかな?

スポンサードリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする