外食大手(すき家、ガスト、マック、吉野家、コロワイド)を業績、株主優待、配当利回りから徹底比較! 2017年更新版(その1)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

大手外食の業績、株主優待、配当利回りを比較をしてみたいと思います。

前期末成績から更新版を作成しました。⇒ 前回の検討結果

比較した銘柄は次の5社です。

・ゼンショーHD:すき家、ココス、はま寿司、ビックボーイなど

・すかいらーく:ガスト、バーミヤン、ジョナサンなど

・コロワイド:甘太郎、ステーキ宮、かっぱ寿司、牛角など

・日本マクドナルドHD:マクドナルド

・吉野家HD:吉野家、はなまるうどんなど

  • 下の表に前期の売上、営業利益、営業利益率、経常利益などを示します。

2016年度末を比較して表に示します。(参考に2015年度末も表に示します)

ゼンショー、すかいらーくは営業利益率が改善して、業績もよくなっています。

ゼンショー(2.3→3.5%)、すかいらーく(7.9→8.8%)

一方、コロワイドは営業利益率が低下して(2.7→1.8%)、業績も悪化しています。

マクドナルドは2015年度末が-350億円の最終赤字より見事復活しています。

吉野家は営業利益率が低いですが、業績は若干よくなっています。

業績を見えるとやはり、すかいらーくが利益率も高く、儲かっていることが分かります。

決算期
(実績)
コード銘柄売上
(百万円)
営業利益
(百万円)
営業利益率
(約%)
経常利益
(百万円)
純利益
(百万円)
2017年3月期7550ゼンショーHD544,02818,7753.5%18,0618,443
2016年12月期3197すかいらーく354,51331,2498.8%28,95218,213
2017年3月期7616コロワイド234,4444,1121.8%2,212-1,398
2016年12月期2702日本マクドナルドHD226,6466,9303.1%6,6145,366
2017年2月期9861吉野家HD188,6231,8651.0%2,7501,248
決算期
(実績)
コード銘柄売上
(百万円)
営業利益
(百万円)
営業利益率
(約%)
経常利益
(百万円)
純利益
(百万円)
2016年3月期7550ゼンショーHD525,70912,1132.3%11,3804,026
2015年12月期3197すかいらーく351,14627,8067.9%24,71715,109
2016年3月期7616コロワイド234,1386,3542.7%5,051330
2015年12月期2702日本マクドナルドHD189,473-23,440-12.4%-25,898-34,951
2016年2月期9861吉野家HD185,7381,6130.9%2,345837

スポンサードリンク




  • PER(株価収益率)から、比較してみたいと思います。

2016年度末の表と参考に2015年度末の表を示します。

(一般的にはPERが低いほど割安です。すべてそれで割安と言えるわけでないですが)

すかいらーくは17.2倍と外食の中では割安な水準です。

他の業種と比較すると、妥当なところでしょうか。

すかいらーく以外は全般的にPERが高く、割安な水準ではないようです。

マクドナルドは今期も大幅に業績が改善する見込みとなっており、

それが株価上昇に反映していると思います。

時価総額の伸びはマクドナルドが断トツですね。

決算期
(実績)
コード銘柄株価(円)
2017.8.18時点
一株利益
(円)
PER
(倍)
時価総額
(億円)
2017年3月期7550ゼンショーHD208956.936.73126
2016年12月期3197すかいらーく161393.617.23164
2017年3月期7616コロワイド2044-19.61539
2016年12月期2702日本マクドナルドHD497540.4123.16615
2017年2月期9861吉野家HD192519.499.21254
決算期
(実績)
コード銘柄株価(円)
2017.1.6時点
一株利益
(円)
PER
(倍)
時価総額
(億円)
2016年3月期7550ゼンショーHD194627.171.82912
2015年12月期3197すかいらーく157777.820.33072
2016年3月期7616コロワイド19281.612051451
2015年12月期2702日本マクドナルドHD3045-262.9-4049
2016年2月期9861吉野家HD163913.1125.11067

今日はここまでにして、株主優待、配当の分析は次の機会にしたいと思います。

↓ぽちっと押していただけると励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

スポンサードリンク




※本考察は今後の株価変動、業績、株主優待の変更などによって変わります。

また、情報は保証するものではありませんので、投資はくれぐれも自己責任でお願いいたします。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする