お金の節約方法⑫ ~iDeCo編~

スポンサードリンク

スポンサードリンク

iDeCo(個人型確定拠出年金)は今年から始まった制度ですが、

節税の観点からは非常にお得です。

・掛け金が全額所得控除となります。

・運用益が非課税となります。

・給付金を受けるときに、退職所得控除、公的年金等控除が受けられます。

節税のシミュレーションは次のサイトでできます。

節税シミュレーター(ろうきん)

お得な制度になりますが、以下注意点が必要です。

・積立を行う投資信託は元本保証でないので、リスクを考慮する必要あり。

・手数料がかかる。SBI証券は口座手数料が無料。ただし、国民年金基金連合会

および資産管理サービス信託銀行への加入/移換手数料、口座管理手数料が

掛かる。

・60歳まで給付を受けることができない。

⇒セミリタイアを目指す人には不向きです。

セミリタイア後は収入が激減するとすると、節税効果は期待できない。

自分はセミリタイア志向のため、どうしてもお得なiDeCoに

取り組むことができません。

60歳まで働こうと思っている人で、課税所得が高い人は

節税、貯蓄対策の観点から非常にお得な制度です。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする