株主優待クロス取引の今後の行方は

スポンサードリンク

スポンサードリンク

株主優待の権利取りとして、広くクロス取引が行われています。

株主優待ただ取りと言われたりしますが、手数料や逆日歩などが

あるので、取引には注意が必要です。

一般信用取引と制度信用取引がありますが、

自分は一般信用取引でしか、クロス取引は行いません。

制度信用取引では、優待相当金額以上の逆日歩費用の

リスクがありますので。

うまく取引をすれば、よいのかもしれませんが

チャレンジする気持ちにはなれません。

一方、一般信用取引は売りの数量に限りがあるので、株主優待が

人気の銘柄の場合、クロス取引するのは困難な場合が多いです。

9月、3月のように、権利確定銘柄が多いときは、人気が分散するので、

チャンスが多く、自分はその時に狙ってクロス取引をするようにしています。

こんな記事がありました。

株主優待タダ取り「クロス取引」にけん制? テクニックが通用しない

【一部抜粋】

クロス取引における問題はそもそも、1日だけ株を持てば良い、というところにある。

企業側としてはなんとかしてクロス取引牽制の動きをしないと、企業の価値は上がらないのに優待だけを取られてしまうことになり、利益圧迫の要因となってしまう。

利益を得るために投資家を集めるための優待のはずが、逆に利益を圧迫するための優待となってしまうという皮肉な結果となってしまうのだ。

そこで企業は1日で得られる優待内容を改悪もしくは廃止して、長期で株を持つ投資家を優遇する制度へと移行を始めている。例えば次にあげる企業はすでに優待内容が変更となっている。

出展:ZUUonline

たしかに最近、1日のみの保有では株主優待の権利を取得できないケースが

増えてきています。自分も確認不足でクロス取引を行い、株主優待を取得

できなかったケースがありました。

企業側から見たら、個人株主には安定的で長期保有してくれる株主を期待

しているので、流れとしてはしょうがないです。

株主優待を実施している企業は多いので、すぐには変わってこないと

思いますが、お得なクロス取引は少なくなっていく方向になると思います。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする