日経平均株価暴落 最近ボラティリティ大きいけど、どの程度か調べてみました

スポンサードリンク

スポンサードリンク

昨日、日経平均株価が暴落しました。最近、みなさんも感じて

いると思いますが、株価の変動が非常に大きい相場が続いています。

そんなわけで昨年はあまり聞かなかったボラティリティが大きい

という言葉をよく耳にするようになりました。

ボラティリティ

抜粋:広義には資産価格の変動の激しさを表すパラメータ

出展:Wikipedia

今年に入ってから株価変動がどの程度大きいか調べてみました。

日経平均株価が300円以上動いた日を抽出しました。

2018年の株式相場が開いていた日は現在、54日ありますが、

その中で300円以上動いた日は15日もありました。

(300円以上を抽出した根拠は特にありません)

28%に相当するので、イメージ的には3日間のうち1日は300円以上

動くような感じです。びっくりするのは、500円以上も動いた日が

6日もあることです。

昨年は数えるほどしかなかったのではないでしょうか?

2018年日経平均株価 前日比(単位:円)

2018/1/4~2018/3/23 データ個数54

※300円以上の変動した日を抽出。

日付 前日比
2018年3月23日 -974
2018年3月12日 355
2018年3月6日 376
2018年3月2日 -543
2018年3月1日 -344
2018年2月28日 -322
2018年2月19日 429
2018年2月15日 311
2018年2月9日 -508
2018年2月6日 -1,072
2018年2月5日 -592
2018年2月1日 388
2018年1月30日 -337
2018年1月23日 308
2018年1月4日 741

1年前はどうだったでしょう。

300円以上動いた日は2018年は15日ありましたが、

2017年の同期間(正確には同データ個数)では、

5日しかありません。

今年は昨年に比べると大きく変動している日が3倍程度

あるということです。更に、昨年は500円以上動いた日は

同期間ではありませんでしたが、今年は6日もあります。

2017年日経平均株価 前日比(単位:円)

2017/1/4~2017/3/22 データ個数54

※300円以上の変動した日を抽出。

日付 前日比
2017年3月22日 -415
2017年2月10日 471
2017年1月31日 -328
2017年1月26日 345
2017年1月4日 480

2016年の前半も今年同様に株価が激しく動いていたイメージが

あります。この年は激しく下がったときに、銘柄を仕込むことで

結果的にはうまくいきました。

今年もそうあってほしいものです。

相場は非常に読みにくですが、チャンスがあれば、積極的に

取り組みたいと思っています。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする