高配当銘柄は日経平均株価暴落に対して強かったか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

2018年2月5日から日経平均株価は大きく値下がりを始めました。

ここ2ヶ月弱で全体的に株価は下がりましたが、高配当銘柄が

日経平均株価の下げに対して強かったか検討しました。

比較する高配当銘柄の抽出はSBI証券のスクリーニングを使い

次の条件で行いました。

①時価総額一兆円以上

②配当利回り上位1~5位

銘柄はJT、日産、積水ハウス、キャノン、日本郵政と続きました。

2018年2月5日~3月23日で日経平均株価が500円以上暴落した日の

これらの高配当銘柄の値上がり率、値下がり率を確認しました。

日経平均 JT 日産 積水ハウス キャノン 日本郵政
2018年3月23日 -4.5% 0.1% -1.0% -2.2% -3.7% -1.1%
2018年3月2日 -2.5% -0.6% -1.4% -1.7% -2.4% -0.8%
2018年2月9日 -2.3% -1.3% -3.1% -1.8% -2.6% -1.2%
2018年2月6日 -4.7% -2.1% -1.6% -4.6% -3.7% -2.0%
2018年2月5日 -2.5% -0.9% -0.3% -2.0% -3.3% -0.7%

25個のデータを確認したところ、日経平均株価より下落率が大きかったのは、

3個のみでした、2月9日の日産、2月5日、2月9日のキャノンのみです。

これだけ見ると高配当銘柄は日経平均株価の下げについて

強そうな感じですが、本当にそうでしょうか。

2018年2月2日⇒2018年3月23日の下落率で比較しました。

日経平均 JT 日産 積水ハウス キャノン 日本郵政
2018年2月2日~3月23日 -11.4% -21.5% -5.8% -8.3% -13.4% -0.6%

日経平均株価の下落率に対して、JT、キャノンはより下がっています。

特にJTは日経平均株価の下落率の2倍近く下げています。

結果としては、高配当銘柄であっても、業績、需給関係、これまでの

上昇率など様々な要因がありますので、配当利回りが高いからと言っても

安泰ではないです。銘柄選びは難しいなと思います。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする