積立外貨預金をやめて、積立FXを始めました。積立FXのメリットは?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

以前から銀行で外貨預金の積み立てをしていました。

内容は毎週1回、USドル、ユーロ、豪ドル、NZドルなど複数通貨を購入するといったものです。

結果としてはあまりよくなく、これまでトータルで300万円程度積立してきましたが、損益は-10万円くらいとぱっとしません。

継続して投資するものは、手数料もばかにできませんが、外貨預金は円から外貨に換えるときに手数料のようなものがかかります(外貨の買値と売値の差)。

外貨預金もネット系などはこの手数料はかなり安いですが、やはりFXに比べると高い水準となっています。

FXは高リスク商品のイメージがありますが、それはレバレッジを大きくかけたときの話なので、1倍で運用すれば、外貨預金と同じ程度のリスクで運用できます。

というわけで、積立外貨預金はやめて、レバレッジをかけない積立FXを始めました。

SBI証券では月に投資する金額を設定して、あとは通貨、レバレッジ、積立間隔を決めればよいです。

USドル、豪ドル、NZドル、南アランドを選択して、レバレッジ1倍で毎日積立を始めました。リスクを抑えるために、レバレッジは1倍です。

積立外貨預金に対する積立FXのメリットは

・外貨の買値と売値の差(スプレッド)が小さい

・金利差によるスワップポイントが日々もらえる。なんとなくうれしい。

・外貨預金は預金保険機構の対象外、FXは証券会社によって分別管理をしているため、預け先が倒産したときのリスクが少ない。

現在、自分のポートフォリオは日本国内への投資割合が多いですが、やはりリスク分散の観点から海外通貨、海外株式への投資も重要と考えています。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする