高配当銘柄の日本郵政の決算は? 本日、追加で買付しました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

日本郵政の前期決算、今期見込みが発表されて、先日、株価は下落しました。

平成30年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

前期実績と今期見込みについて

経常収益       経常利益     純利益

2018年3月:12兆9204億円(-3.0%) 9161億円(+15%) 4606億円(-)

2019年3月:12兆3500億円(-4.4%) 6600億円(-28%)  3300億円(-28%)

前期配当と今期配当予想について

1株利益    配当 配当性向

2018年3月実績:112.97円 57円 50.5%

2019年3月見込:81.62円   50円   61.3%

今期は28%の減益となるため、1株利益も減少します。配当は減配となっていますが、前期の57円は特別配当の7円を含みますので、実質的には据え置きです。最終利益がマイナスになった前々期も50円配当をしているので、日本郵政はよっぽどのことがない限り、この配当を維持しそうです。

現在の株価水準で配当利回りを計算します。高配当ですねー。

2018/5/18終値:1281円

予想配当利回り:3.9%

本日、追加で100株買付ました。@1277円

これで合計700株となります。

大きな株価の上昇は期待できませんが、下値不安が少なく高配当であることが気に入っています。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする