最近の株主総会招集通知に多い案内とは

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近、株主総会通知の案内が続々と到着しています。多くの通知書に同じような表現がありました。それは、出席する株主へのお土産は取りやめしますという案内です。

日本で株式を運用する個人投資家は以前よりも増加していると思います(アメリカなどに比べるとまだまだ少ないですが。)。昨年、東証は100株単位に統一して、最低投資額も5~50万円程度を推奨しており、手軽に投資しやすくなっています。株主優待の認知が広まってきたことも個人投資家増加につながっていると思います。

低投資額から株式が購入できるようになったことや個人投資家が増加したことで、株主総会に参加する個人投資家も増えているのでしょうね。実は自分はまだ一回も株主総会に出席したことがないですが、お土産もらえるのなら行ってみたいと思ってはいました。

最低単元の個人株主の出席が増えると、会場の確保やお土産の確保も大変でしょうから、お土産を取りやめる企業が増えてきたのでしょうね。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする