受渡日が1営業日早まったときの優待クロスの影響は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

2019年7月16日から株式の受渡日が1営業日早くなります。

2019年7月16日以前:取引日 T、受渡日 T+3

2019年7月16日約定~:取引日 T、受渡日 T+2

そもそも変更の目的は?

どうして受渡日を早めることにしたの?
 受渡日を早めることにより未決済残高を減らす等して、決済リスクを低減させることがねらいです。
 アメリカ・欧州等の海外の主要市場では、すでに受渡日は取引日から起算して3営業日目(T+2日)となっています。

出典:日本証券業協会リーフレット

株式等の受渡日が1営業日早まります。

未決済残高を減らすことで、リスク低減になるということで、投資家にとっては有利になる変更となっています。

優待クロスへの影響は

優待クロス参加者はどのように影響があるのか気になるところです。T+2からT+3に変更になったときに、受渡日が変わってきますので、当然、優待クロス時の貸株日数、貸株料に影響が出ると思われます。

月曜日~金曜日までが平日、土日が休日の通常のパターンのときにどうなるかを検討しました。権利付き最終日にクロスをしたことを前提としていますので、最低の貸株日数となります。

【権利付き最終日が月曜日のパターン】

T+3 T+2
月曜日 権利付き最終日 優待クロス 権利付き最終日 優待クロス
火曜日 権利落ち日 現渡 権利落ち日 現渡
水曜日 権利確定日 クロス受渡日
木曜日 権利確定日 クロス受渡日 現渡受渡日
金曜日 現渡受渡日
貸株日数 2 2

【権利付き最終日が曜日のパターン】

T+3 T+2
月曜日
火曜日 権利付き最終日 優待クロス 権利付き最終日 優待クロス
水曜日 権利落ち日 現渡 権利落ち日 現渡
木曜日 権利確定日 クロス受渡日
金曜日 権利確定日 クロス受渡日 現渡受渡日
土曜日        
日曜日
月曜日 現渡受渡日
貸株日数 4 2

【権利付き最終日が水曜日のパターン】

T+3 T+2
月曜日
火曜日
水曜日 権利付き最終日 優待クロス 権利付き最終日 優待クロス
木曜日 権利落ち日 現渡 権利落ち日 現渡
金曜日 権利確定日 クロス受渡日
土曜日        
日曜日
月曜日 権利確定日 クロス受渡日 現渡受渡日
現渡受渡日
貸株日数 2 4

【権利付き最終日が木曜日のパターン】

T+3 T+2
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日 権利付き最終日 優待クロス 権利付き最終日 優待クロス
金曜日 権利落ち日 現渡 権利落ち日 現渡
土曜日        
日曜日
月曜日 権利確定日 クロス受渡日
火曜日 権利確定日 クロス受渡日 現渡受渡日
水曜日 現渡受渡日
貸株日数 2 2

【権利付き最終日が金曜日のパターン】

T+3 T+2
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日 権利付き最終日 優待クロス 権利付き最終日 優待クロス
土曜日        
日曜日
月曜日 権利落ち日 現渡 権利落ち日 現渡
火曜日 権利確定日 クロス受渡日
水曜日 権利確定日 クロス受渡日 現渡受渡日
木曜日 現渡受渡日
貸株日数 2 2

権利付き最終日が月曜日~金曜日のときのT+2とT+3の貸株日数をまとめます。

権利付き最終日 T+3 T+2
月曜日 2 2
火曜日 4 2
水曜日 2 4
木曜日 2 2
金曜日 2 2

変更前は(T+3)、火曜日が権利付き最終日の場合、貸株日数が4日でしたが、変更後は(T+2)は水曜日が貸株日数が4日となります。通常のケースでは大きな影響がなさそうです。(※祝日などが入ってくると、計算は変わってきます。)

また、変更前は火曜日→水曜日になるときに、貸株日数は3日減少しましたが、変更後は水曜日→木曜日になるときに貸株日数が3日減少することになります。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする