西松屋の優待クロス 日興とGMOどっちがお得だったか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

8月の一般信用の優待クロスでは西松屋を2名義分取得しました。

当初は日興で2つ取る予定でしたが、1つ取得後に、

日興の在庫がなくなってしまったので、

方針を切り替え、もう1つはGMOで取得しました。

貸株料、貸株日数も違ってきますので、結局どちらが

お得だったのかなと思い、貸株料を計算してみました。

日興は一般信用で取引すれば、委託手数料無料です。

GMOは手数料がかかりますが、株主優待のキャッシュバックを

使えば、上限に到達するまでは実質無料になります。

ここでは、信用取引の買い⇒現引きによる買い方金利などは

影響すくないので特に考慮しません。

SMBC日興  売り建て日 19/7/12 建玉金額 879,000円

GMOクリック 売り建て日 19/8/8  建玉金額 865,000円

SMBC日興(金利1.4%)   貸株日数 35日 貸株料 1180円

GMOクリック(金利3.85%)貸株日数   9日 貸株料 821円

日興で1つしか取れなくて、もう1つはGMOで取得することに

なりましたが、結果論としては、GMOの方が貸株料は安くなりました。

こんなこともあるので、日興で取れなくても、

GMOで後で取ればよいと余裕をもつことも重要かなと思いました。

ただ、人気ある銘柄や、ほしい銘柄はついつい早めに取得して

しまうんですけどね。

まだ、権利確定、現渡しはこれからなので、忘れないで対応

したいと思います。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする