暴落相場14営業日の株式売買記録(20/2/25~20/3/13)と買付銘柄の配当利回り

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ここ3週間は大変の相場展開となりました。

日経平均株価は

20/2/21(金)の終値は 23,387円でしたが、

週明けより暴落が始まり、

20/3/13(金)の終値は 17,431円となりました。

下落率は約25%に達しています。

20/2/25~20/3/13は14営業日ありますが、

9営業日に渡って株式売買を行いました。

そのうち8営業日は買付、1営業日は売却でした。

グラフにまとめるとこんな感じです。

暴落時に逆張り買いをする感じで対応しました。

買付総額は約1,125万円

売却総額は  約168万円

昨年11月末~今年の2/25以前までに売却を進めた約1,500万円分

に対して、一部買い戻した感じです。

購入した銘柄(15銘柄)の株数や平均買付単価をまとめてみました。

現在20/3/13の株価はすべて平均買値より下がっているので、

すべての銘柄がマイナスとなりました。

この期間に買付けた銘柄の損益はマイナス約144万円です。

現在はマイナスですが、プラス圏に行くことを願っています。

ここでびっくりするのは、配当利回りです。

(※配当利回りは楽天RSSの数値を用いて計算)

JT、キャノン、双日は7%超え

三井住友FG、日本郵政、コマツ、三菱ケミカル、三菱UFJFGは6%超えです。

景気悪化により減配の可能性はあるものの、

配当利回りからはかなり割安水準です。

株数 平均買値 買付額 20/3/13株価 損益 配当利回り(%)
JT 400 2,080 832,050 1,957.5 -49,050 7.87%
キャノン 300 2,463 738,900 2,131.5 -99,450 7.51%
双日 500 312 156,000 237 -37,500 7.17%
三井住友FG 500 3,200 1,600,000 2,644 -278,000 6.81%
日本郵政 2,000 855 1,710,130 759.5 -191,130 6.58%
コマツ 200 2,101 420,250 1,709.5 -78,350 6.43%
三菱ケミカル 2,500 669 1,673,460 625.2 -110,460 6.40%
三菱UFJFG 3,100 483 1,496,100 397.1 -265,090 6.30%
三菱商事 300 2,433 729,850 2,246.5 -55,900 5.88%
オリックス 300 1,526 457,750 1,379 -44,050 5.51%
オートバックス 100 1,435 143,500 1,167 -26,800 5.14%
セブン銀行 1,000 307 307,000 252 -55,000 4.37%
JFEHD 100 1,037 103,700 740 -29,700 2.70%
小野薬品工業 200 2,070 413,900 1965 -20,900 2.29%
日本製鉄 400 1,159 463,400 899.8 -103,480 1.11%

今後はどう推移していくか分かりませんので、

フルポジ、信用取引は行わない(優待クロス除く)、

借金をして株取引は行わない、余裕資金で取り組む予定です。

長期的な下落相場に備えることも必要かなと思っていますので、

現金比率は下げ過ぎないように気を付けます。

ちなみに、キャッシュ比率はまだ60%超です。

(株価が下がってキャッシュ比率が上がった影響もありますが)

※このブログは株式の売買を推奨するものではありません。

株式売買は相場の変動で大きな損失が発生することがありますので、

必ず自己責任でお願いいたします。

特に現在の相場はボラティリティが高く危険ですので、

大きな損失が発生する可能性があります。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする