20/3/19現時点までの金融資産推移をふりかえる。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ここ1ヶ月は激動の相場展開でした。

途中からリーマンショック級と呼ばれていましたが、

最近ではリーマンショックを超えるという声も

聞こえてきます。

この相場で金融資産がどうなったか振り返ってみました。

その前に日経平均株価とNYダウは今回の相場でどうなったか

再度確認してみます。

直近の高値はそれぞれ

20/1/17 日経平均株価 24,115.95円

20/2/12 NYダウ   29,568.57ドル

今週末の終値は

20/3/19 日経平均株価 16,552.83円

20/3/20 NYダウ   19,173.98ドル

下落率は

日経平均株価 -31.4%

NYダウ   -35.2%

日経平均は2ヶ月くらいかけて下げていますが、

NYダウは1ヶ月ちょっとでここまで下げていますので、

NYダウの下げのインパクトが強かったです。

当初はNYダウと日経平均も同じように動くことがありましたが、

最近はあまり連動していない印象もあります。

ここまで下げれば、株式を保有する身としては、

金融資産減少は免れません。

金融資産の推移をグラフで確認しました。

このグラフの縦軸は2014年4月の金融資産を100%とした推移

を表しています。

19年末から20年初に最高値を付けた後

日経平均株価とともに、大きく下げました。

マイPFの株式時価総額は大きく下げましたが、

キャッシュ比率を上げていたことで、金融資産全体の下落率は

なんとか抑えることができました。

268%から243%に下がったので下落率としては、-9.3%です。

ちなみに現在のキャッシュ、株式の比率は63%、37%。

コロナが早く収束して、反転することを望んでいますが、

長期間低迷になることも想定して、株式の取り組みは必要そうです。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする