楽天モバイル(UN-LIMIT)に新規申し込み ※特に問題なく快適です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

新規キャリアとなった楽天モバイルは現在、300万名を対象に

1年無料キャンペーンを実施しています。

2980円/月×12ヶ月=35760円に相当します。

1000億円を超えるキャンペーンのため、かなり本気度高いです。

また、条件はありますが、ポイント付与のキャンペーンも

実施しています。

楽天モバイル

これまでは、格安スマホのLIBMOをTOKAIの株主優待を活用しながら、

契約していましたが、今回、楽天モバイルに乗り換えました。

LIBMOのときは、優待で月額850円割引、2000円前後の

支払いとなっていました。

楽天モバイルにして、1年間無料に使えて、1年後どうするかは

また考えます。

4月中旬頃申込、月曜日オンライン申請完了、

端末+SIMの到着は木曜日でした。

申込み時は水曜日着が選択できましたが、コロナの影響か?

1日遅れての到着となりました。

許容範囲内かなと思います。

スタートガイドにそって、手続きをして、特に難しいところは

感じませんでした。

最後は再起動して、使用可能となりました。

移行手続きはできるだけ21時までに実施する方がよく、

移行までの時間を短縮することができます。

21時を超えると翌日の9時以降の完了となります。

使い勝手は特に問題なく、快適です。

国内無料通話アプリのRakuten Linkも特に使用上問題ありませんでした。

こちらのアプリで通話しないと、料金かかりますので、

アプリのインストールは必須です。

以前、楽天モバイルの格安スマホ契約中に楽天でんわが使用できないことが

ありましたが(端末メーカー、楽天モバイルに確認するも解決できず)、

今回そのような問題はありません。

また、今回は端末を新規購入しましたが、

SIM変更のみで契約される方は対応する端末の十分な確認が必要です。

これまで使っていたスマホは下取りに出しました。

3年使用して、2500円相当(楽天キャッシュ)で買い取りしていただき助かります。

たしか13000円くらいで購入したので、キャッシュバックは大きいです。

この機会に対処しないと、ゴミとして残ってしまいます。

内部の情報管理、リチウムイオン電池が搭載されているので、

簡単には廃棄できません。

オンラインで申し込み後、しばらくして、書類が届きました。

身分証明書のコピーとサインをして、同封されていたレターパックに

スマホを入れて返信。

下取り時にはアンドロイド端末のため、

グーグルアカウントの削除(紐づけ解消)、端末の暗号化、

端末の初期化をしました。

やってみるとそれほど難しくなかったです。

GWはステイホーム中のため、こういった作業をこの機会にする

のもよかったなと思います。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする