すかいらーく株主優待 改悪 保有株式数に対する影響具合は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

すかいらーくがとうとう株主優待を改悪しました。

 株主優待制度の変更に関するお知らせ 

コロナで業績が悪化したなかで心配していた投資家も

多かったと思います。

直近、決算説明資料で株主優待のことは継続とも課題とも

ほとんどふれていなかったことが不気味でしたが、

最終的には残念な結果となりました。

改悪となりましたが、割引券でなく、今までどおりギフトカードの

ように使用できるのはよかったです。

減額された後も優待金額としては大きいですし、

保有を継続する人も多そうです。

変更前後の保有株式数と年間贈呈金額は表のとおりです。

100株~1000株で4,000円~34,000円いただけることは

ありがたいです。

保有株式数ごとの影響をみると、

100株保有が一番影響少なく現行比66.7%、

300株~1000株は大きくかわらず半減程度(現行比48.5%~50.0%)です。

現行(円) 変更後(円) 変更/現行
100株 6,000 4,000 66.7%
300株 20,000 10,000 50.0%
500株 33,000 16,000 48.5%
1000株 69,000 34,000 49.3%

20年12月から変更後の制度が適用されますので、

20年6月権利確定された株主は最後の現行制度の優待がもらえます。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする