2020年株式損益の結果と金融資産推移

スポンサードリンク

スポンサードリンク

本日12/30大納会を終え、2020年の株式市場は終了しました。

今年の前半はコロナショックでどうなるかと思いましたが、

結局、日経平均株価は昨年末より、+3787円で終了しました。

2019年とほぼ同じくらいの上昇です。

日経平均株価推移

2018年末 20014.77円

2019年末 23656.62円(前年比+3641.85円)

2020年末 27444.17円(前年比+3787.55円)

ただ、自分にとっては、今年の相場に対してうまくいった感じはなく、

個別株で見たときに2極化が進み、上がった株もありましたが、

低迷した株が多かったです。

年間の収支を確認しました。

税引き確定利益 +126万円

税引き配当所得   +83万円

トータルで 約209万円の利益となりました。

今年の株式売買の反省点としては、お金のじゃぶじゃぶ相場の中で、

株価が安いところでいくつか売却し、手放した後に、暴騰相場が始まり

くやしい経験をしました。

また、IPOではロコガイドに当選していたのですが、

気づいたときには、時すでに遅し、

申込みできず、利益の機会損失をしました。

チャンスを逃すと、その後、IPO当選はありませんでした。

よかった点は、コロナショックが始まる前、日経平均株価が未だ高いうちに、

利益確定を進めることができたことです。(航空、リートなど)

金融資産はどうなったでしょうか。

2014年4月の金融資産を100%としたときの推移をグラフで表しました。

2020年前半はコロナショックで大きく下げましたが、

なんとか後半にかけて挽回して、最高値を更新しました。

2021年の相場はどうなるか分かりませんが、

世界的にまだ金融緩和は継続するので、

チャンスがあれば、資産に対する株式保有比率を高めたいと思っています。

それでは、皆様よいお年をお迎えください。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする